学部長挨拶


令和3年度入学生へのメッセージ

新入生の皆さんへ(入学のお祝い)

210401nakamura.jpg

令和3年4月1日
経営学部長 中村公一

 この4月から経営学部長に就任した中村公一です。駒澤大学経営学部へのご入学おめでとうございます。これからの4年間で今よりもさまざまな面で成長できることを期待しております。
 この1年間、私たちの生活はさまざまな制約を受けてきました。例えば、大学に行き、授業を受け、友人たちと会話をするという今までは普通のことができなくなり、多くの学生は不安やストレスを感じた生活を余儀なくされました。ただ、私たちは厳しい環境におかれても何らかの打開策や改善案を導き出すことができます。実際に、オンラインツールを活用して時間の有効利用ができるようになったり、オンライン上でもグループでプレゼンテーションを行えるようになったことなど、新しい方法も手に入れました。
 新入生の皆さんも最初は戸惑うことも多いでしょうが、この経験は将来に生きてくるはずです。また、制約された生活のなかでもできることは意外に多くあります。大学での生活は高校までとはかなり自由度が増し、何でもできる環境にあります。ただ、何でもできることは何もしないことにつながる恐れもあります。まずは、4年後になっていたい人物像を考えて、それに向かって着実に動いていきましょう。
 これからも学部長としてのメッセージはさまざまな場面で発信していく予定です。本学部に入学したのも何かの縁です。この縁を大事にし、充実した4年間となることを祈念いたします。


令和2年度入学生へのメッセージ


新入生オリエンテーション特設Webサイトより

動画撮影時より授業開始日・オリエンテーション日程が変更になっている場合があります。


平成31年度入学生へのメッセージ

「考える力」が知識を創造する

経営学部長 小本 恵照

ご入学おめでとうございます。経営学部では効果的な企業経営について学習します。消費者行動、マーケティング、人材活用、経営戦略などが学習の対象です。こうした対象は、皆さんが消費者やアルバイトとして実際に体験することが多いものです。

経営学部の学習では、身近に接する現実の中に「課題」を発見し、授業でその「解決」を導くための方法を学ぶという姿勢が重要です。ある会社の広告がなぜ効果的なのかといった理由を考えるのが一例です。課題を発見し解決法を導き出すためには、自分の頭で「考える」ことが不可欠です。考える力を養うことで、現代社会が求める知識を創造する人材となることを期待しています。


平成30年度入学生へのメッセージ

The Higher You Go, The Further You See

経営学部長
長 國強

このたびは、経営学部入学まことにおめでとうございます。大変だった受験勉強も終わり、ほっとしていることでしょうが、大学の4年間はこれからの長い人生の土台を創るための一番貴重な期間です。

2014年ソチオリンピック・2018年平昌オリンピック2連覇を達成したフィギュアスケートの羽生結弦選手は、幼い頃から人生設計を描くのが好きでした。「19歳で五輪に出て金メダルを取る」、「23歳で五輪を2連覇する」。すべて、子どもの頃、ノートに記した設計図です。4年間はあっという間です。輝く未来に繋がる・自分へ繋げるために、皆さんも人生で一番何事も自由にできる大学生活を充実させる方法として、将来の設計図をたくさん描き、やりたいことに向かって突っ走ってください。


平成29年度入学生へのメッセージ

千里の道も一歩から ~ 輝ける未来をつくるために

経営学部長
長 國強

経営学部入学本当におめでとうございます。

努力が実り、本当に嬉しく思います。これからの長い人生の土台となる4年間です。
高校生のときとは違って大学生は自主性が求められます。机や本に向かう勉強だけでなく、世の中や人間関係も積極的に学んでください。将来の夢の実現のために、目の前にあることを一歩一歩、手を抜かないで一生懸命取り込んでください。4年後、10年後の自分をつくるのは今の取り込みであることを忘れないように頑張ってください。
4年間はあっという間です。皆さんの一人ひとりが、「駒澤大学経営学部に入学して、本当に良かった!」と実感しつつ卒業されることを祈念いたします。
 


平成28年度入学生へのメッセージ

大いに学ぶ場、それが「大学」!

経営学部長
兼村 栄哲

新入生の皆さん、入学おめでとう。

駒澤大学の印象はどうですか?皆さんは、ここで4年間を過ごすことになります。現在は、期待に胸がふくらんでいる反面、とまどいや不安も多いことでしょう。ぜひ、さまざまなことに精一杯チャレンジして、充実した大学生活を過ごしてください。
大学は、その名前のとおり、"大いに学ぶ"ところです。経営学を初めとした諸学問、自分の関心のある分野を深く学んでください。そして、自分の知らない世界も数多く見てください。また、多くの人々に出会い、さまざまな考え方を取り入れてください。これらも立派な勉強です。
4年間は、あっという間です。この4年間にできることは、その人の努力次第で決まります。皆さんの眼前には、無限の可能性が広がっています。学生生活が充実したものになることを祈念しています。


平成27年度入学生へのメッセージ

4年後の自分を思い描いて

経営学部長
兼村 栄哲

新入生の皆さん、ようこそ駒澤大学へ!

皆さんのなかには、念願が叶い希望に満ちあふれている方から、不本意に入学された方まで、さまざまな学生がいらっしゃることでしょう。
しかし、スタートラインにおける心持ちがどうであろうと、4年後の自分の姿を具体的に思い描き、できるかぎり早く明確な目標を設定してください。それにより、大学生活は、とても有意義で充実したものとなるはずです。卒業時に4年間を振り返ったとき、満足し自信にあふれ、さらなる未来を思い描いている自分を発見することでしょう。
皆さんの一人ひとりが、「駒澤大学に入学して、本当に良かった!」と実感しつつ卒業されることを祈念いたします。
入学おめでとう!