研究Research

科学研究費助成事業(科研費)の令和2(2020)年度予算政府案について

お知らせ(研究助成関連)
Date:2019.12.23

各位

 日本学術振興会より、標記の件について、下記のとおり通知がございました。詳細については、下記URLをご参照ください。

令和元(2019)年12月20日付けで令和2(2020)年度予算政府案が閣議決定され、科研費に係る予算については、237,350百万円が計上されています。当該予算案においては、新種目「学術変革領域研究(A・B)」を創設するとともに、「挑戦的研究(開拓)」を新たに基金化することが予定されています。

1.「学術変革領域研究(A・B)」の創設及び公募について

○ 基盤研究等の令和2(2020)年度公募要領(令和元(2019)年9月1日)において示したとおり、従来の「新学術領域研究(研究領域提案型)」を発展的に見直し、新種目「学術変革領域研究(A・B)」を創設します。当該種目の概要等については、別紙2を参照してください。
○ 令和2(2020)年度公募の開始及び公募要領の文部科学省ホームページへの掲載は、令和2(2020)年1月9日(木)午前を予定しています(公募期間は、令和2(2020)年1月9日(木)から3月16日(月)までを予定)

2.「挑戦的研究(開拓)」の基金化について

○ 「挑戦的研究(開拓)」については、令和2(2020)年4月以降に交付内定を行う、令和2(2020)年度の新規採択課題及び、令和元(2019)年度以前に採択された継続課題(以下「継続課題」という。)を対象に、基金化することを予定しています(令和元(2019)年度から令和2(2020)年度へ繰越を行う令和元(2019)年度事業は基金化されず、引き続き補助金課題として実施されます。)
○ 継続課題は、新たな課題番号を付番の上、基金課題として改めて交付内定を行う予定であり、令和2(2020)年4月以降は、基金の使用ルールが適用されます。
○ 令和元(2019)年度に実施した補助金課題と令和2(2020)年4月以降に実施する基金課題は同一の研究課題として扱いますので、今回の基金化による補助金課題終了に伴って研究成果報告書を提出する必要はありません。ただし、令和元(2019)年度に実施した補助金課題の実績報告に関しては、補助金の様式を活用して予定どおり行ってください。
○ 継続課題については、「調整金」を利用した令和元(2019)年度から令和2(2020)年度への次年度使用の申請受付は行いません。継続課題の研究費の次年度(令和2(2020)年度)における使用を行う場合は、「繰越制度」を活用する必要がありますので、該当する継続課題は積極的に活用してください。その際、繰越の要件に合致しないなど繰越制度を利用できない場合には、日本学術振興会まで相談してください。

URL:https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/06_jsps_info/g_191223/index.html

※詳細は上記日本学術振興会のウェブサイトをご確認ください。

研究