大学概要About us

ダイバーシティ推進体制と沿革

ダイバーシティ推進体制

ダイバーシティ推進体制

ダイバーシティ推進委員会:
ダイバーシティ推進に関する全般的事項や事業計画を所管し、進捗管理や達成度報告を行う。
学長・学生支援担当副学長・総務局長・各学部長等・関連事務部署長・学長が指名する教職員により構成される。
ダイバーシティ推進室:
委員会の事務所管部署で、学内外からの関連問い合わせ受付ならびに相談受付を行う。
ダイバーシティ推進ワーキンググループ:
過年度の推進事業を継続し、新規推進事業の企画、実行、学内外への発信や問題提起を行うなど、実務的な役割を担う。
組織横断型WGで、業務に精通している職員やダイバーシティ推進に知見のある教員を構成員として委員会が選任する。
各委員会・事務部署・学部等:
委員会やWGが提案する事業方針・事業計画への協力・実行を行う。

ダイバーシティ推進体制の沿革

2021年4月 各務洋子教授が学長に就任。重点施策としてDXとDiversityの推進を掲げる。
2021年5月 各務洋子学長が、ダイバーシティ推進担当学長補佐として松信ひろみ教授を選任。
2021年5月 ダイバーシティ推進WGを組織。
2022年1月 「駒澤大学ダイバーシティ推進に関する基本方針」を策定。
2022年4月 ダイバーシティ推進PTを組織。WGの諸活動を引き継ぐもの。
2023年4月 ダイバーシティ推進本部を組織。PTの諸活動を引き継ぎ、活動を恒久的に行っていく体制作りの実現のため。
2024年4月 ダイバーシティ推進委員会・ダイバーシティ推進室を設置し、各事業の実行推進のためにダイバーシティ推進WGを再組織。

これまでの詳細な活動記録はこちらをご参照ください。

ダイバーシティ推進体制の構成

2024年度 ダイバーシティ推進WG 24名
座長 松信 ひろみ 学長補佐(ダイバーシティ推進担当)
仏教学部 程 正 教授
文学部 上島 奈菜子 講師
経済学部 村松 幹二 教授
法学部 崔 佳榮 講師
経営学部 菅野 佐織 教授
医療健康科学部 村田 渉 講師
GMS学部 西岡 洋子 教授
総合教育研究部 末次 美樹 教授
法曹養成研究科 若林 亜理砂 教授
各事務部署 職員 14名
2023年度 ダイバーシティ推進本部 27名
本部長 各務 洋子 学長
副本部長 遠藤 司 副学長(学生支援担当)
副本部長 松信 ひろみ 学長補佐(ダイバーシティ推進担当)
仏教学部 程 正 教授
文学部 倉田 容子 教授
経済学部 村松 幹二 教授
法学部 山崎 望 教授
経営学部 菅野 佐織 教授
医療健康科学部 村田 渉 助教
GMS学部 西岡 洋子 教授
総合教育研究部 内藤 寿子 教授
法曹養成研究科 若林 亜理砂 教授
各事務部署 職員 15名
2022年度 ダイバーシティ推進PT 18名
座長 松信 ひろみ 学長補佐(ダイバーシティ推進担当)
文学部 倉田 容子 教授
経済学部 村松 幹二 教授
法学部 山崎 望 教授
医療健康科学部 村田 渉 助教
総合教育研究部 内藤 寿子 教授
法曹養成研究科 若林 亜理砂 教授
各事務部署 職員 11名
2021年度 ダイバーシティ推進WG 17名
座長 松信 ひろみ 学長補佐(ダイバーシティ推進担当)
文学部 倉田 容子 准教授
経済学部 村松 幹二 教授
法学部 山崎 望 教授
医療健康科学部 森口 央基 教授
総合教育研究部 内藤 寿子 教授
法曹養成研究科 若林 亜理砂 教授
各事務部署 職員 10名

大学概要